クラプロックスの電動歯ブラシ「ブラックisホワイト」を使ってみた感想・レビュー

クラプロックス ブラックisホワイト 歯磨き・歯周病ケア

以前から興味のあった電動歯ブラシですが、とうとうデビューしました。使い慣れてしまえばとても気持ちよく磨けて、歯肉がどんどん健康になっている感覚があります。

クラプロックスの電動歯ブラシ「ブラックisホワイト」を実際に使って感じたことを紹介します。

クラプロックスのブラックisホワイト

クラプロックス(CURAPROX)は世界75カ国で愛用されているスイス発の歯ブラシブランドです。

以前は歯科医院専用でしたが、最近は一般人でも購入できるようになりました。

私も1年程前からクラプロックスの歯ブラシを愛用していますが、磨きやすくて歯肉ケアにものすごくよいです。

クラプロックスから新しく発売された音波式電動歯ブラシが「Black is white(ブラックisホワイト)」です。

超極細のCUREN繊維に、 カーボンパウダー(活性炭粒子)を配合し、やわらかなCURENR繊維と細かなカーボンパウダーのブラシにより エナメル質を傷つけることなく着色汚れを取り除くことができます。

1分間に最大42,000回まで振動することで歯垢をしっかり除去してくれます。

ブラシヘッドが10℃に曲がっているのが奥まで届いてよいみたいです。

電動歯ブラシを使うのは初めてなので他のものとの比較はできませんが、とても満足しています。

>>ブラックisホワイト電動歯ブラシ

ブラックカラーのスタイリッシュなデザインで、携帯用のトラベルケースが付いているので持ち運びに便利です。

セット内容

  • 電動歯ブラシ本体
  • カーボンブラシヘッド2本
  • USBケーブル付き充電器
  • USBプラグ
  • トラベルケース
  • 取扱説明書

トラベルケースは持ち運びに便利です。

充電は1回すれば1週間は持つので、数日の旅行などには充電器を持っていかなくて大丈夫です。
※1回のフル充電で60分間使用可能

充電しているところ

>>ブラックisホワイト電動歯ブラシ

使い方

ヘッドは本体に差し込むだけで簡単に取り付けられます。

ボタンは丸い電源ボタン一つのみでシンプルです。

電源を長押しするとモード切替ができます。モードは3種類(スタート、クリーン、スマイル)あります。

私はクリーンモードで磨いています。

モード振動用途
スタートモード22,000回/分歯肉をマッサージするのに最適
クリーンモード32,000回/分通常の歯垢や細菌をキレイにする
スマイルモード42,000回/分特に歯肉と歯が敏感な人向け

有名な電動歯ブラシのパナソニック「ドルツ」やフィリップス「ソニッケアー」の1分間の振動数は約 31,000回(約260ヘルツ)なので、振動数はこの手の電動歯ブラシと同じです。

磨き方は、45℃の角度で各歯につき2、3秒間あてていきます。歯にブラシをあてるだけで、手を動かす必要はありません

歯にあてて少しずらしていくだけで振動で自動的に磨いてくれます。45℃にあてるのが慣れないと難しいです。

左下半分、右下半分、左上半分、右上半分の4区画を各30秒ずつで磨いていきます。30秒経つと、短い中断があり、次の箇所へ行く合図となります。裏表磨くので、全部磨いて4分です。4分経つと自動的に電源が切れます

最初の頃は鏡を見ながら口を開けて磨いていたので水が結構飛びましたが、だんだん慣れてきたら口をあまり開けなくても磨けるようになりました。

振動時間が決まっているので、長くあてすぎて歯肉をいためる心配はなさそうです。

ブラシヘッドはやわらかめで、ブラシサイズは小さめなので、口の中に入れやすく磨きやすいです。

電動歯ブラシの説明書には「歯科医師、歯科衛生士の指導に従い、ブラッシングする事をおすすめします」と記載されているので、歯科医院で電動ブラシの指導を受けるのが一番よいと思いますが、面倒なのでYouTubeで電動歯ブラシの正しい磨き方を確認しました。

歯科衛生士が教える電動歯ブラシの使い方

上記動画の歯科衛生士さんは仕上げは手動の歯ブラシを使ったほうがよいといっています。歯並びにもよると思いますが、私は一部の歯並びがガタガタの箇所があるので、最後は手動で細かい部分を磨いています。

歯磨き後の歯間ブラシは今までと同じく使っています。電動歯ブラシでしっかり磨いても、歯と歯の間に詰まったカスなどは歯間ブラシでないと取れないので、歯間ブラシは必要です(歯並びにもよると思いますが)。

>>ブラックisホワイト電動歯ブラシ

約1か月使ってみたレビュー

朝と夜の2回電動歯ブラシを使っています。昼は通常の歯ブラシで磨いています。

1か月使った感想です。

よい点
  • ブラシヘッドがやわらかくて、歯茎マッサージによさそう
  • ブラシヘッドが小さいので、奥歯や前歯の裏も磨きやすい
  • 手で磨くより歯垢がきれいに除去できてる気がする
  • フル充電で1種間以上持つ
  • 磨いたあとは爽快感がある
  • 30秒ごとに合図があるので適切な時間で磨ける

1分間に最大42,000回まで振動するので、磨き終わったあとに歯垢がきれいにとれている感覚があります。歯もつるつるして磨きあがりが気持ちよいです。

手磨きだと振動数は300回/分程度。電動歯ブラシは手磨きの100倍以上も振動するのでキレイに磨けるわけですね。

悪い点は特にないのですが、使い方が難しい点はあります。

難しい点
  • 前歯を磨くときに水が飛ぶ
  • 裏側(特に上の歯)が磨きにくい

最近はだいぶコツをつかんできて、水が飛ぶのも少なくなりましたが、それでも前歯を磨くときには水が飛びます。

電動歯ブラシ初心者なので、きちんと磨けているのかが心配という不安もあります。次回の歯科検診の時に、歯肉の状態がどうなっているかしっかり聞いて来ようと思います。

ブラシヘッドの交換頻度

1本で約3か月使えると公式サイトに記載されています。

替えブラシは2本入りで4,400円なので、1本2,200円です。

電動歯ブラシのブラシヘッドって結構高いんですね。

まだ使い始めて1か月なので、1本でどれくらい持つのかわかりませんが、今のところブラシがへたったり全くしていないので、3か月以上使えるのではないかと思います。それでもせいぜい4か月位では交換したほうがよさそうです。

電動歯ブラシは本体も高いですが、ランニングコストも普通の歯ブラシよりかかります。

Black is whiteの粉はみがき

ブラックisホワイトの電動歯ブラシを購入すると、粉はみがき(ホワイトニングパウダー)3gが無料で付いてきます。購入すると税込968円です。

使用方法は「適量を乾いた歯ブラシにとり、歯と歯ぐきをブラッシング」します。電動歯ブラシと一緒に使うと効果的だと説明書に記載されていたので、電動歯ブラシにつけて磨いてみました。

まだ電動歯ブラシの使い方を完全にマスターしているわけではないので、粉はみがきをつけて磨くのは難しかったです。粉が飛び散ってしまって、かなり無駄にしてしまいました…。なので、Black is whiteの粉はみがきは電動ではない通常の歯ブラシにつけて使っています。

数回使っただけで、歯が白くてキレイになりました!

Black is whiteの粉はみがきは、ヒドロキシアパタイトが配合されているせいなのか、磨いた後は歯がとてもツルツルになりました。

まとめ

他の電動歯ブラシを使ったことがないので、他との比較はできませんが、クラプロックスのブラックisホワイトは超極細毛、炭粒子のカーボンブラシなので、歯肉に優しく、エナメル質を傷めることもないので、安心して使えます。

また、最大42,000回/分振動するので汚れをキレイに落とします。実際に使ってみて、手動よりも歯周ポケットの汚れがきれいに取り除かれたと実感します。

電動歯ブラシを一度使ってしまうととても快適でもう手放せません。

デメリットをあげるとすると、値段が高いことです(定価19,800円)。

クラプロックスに限らずこのクラスの電動歯ブラシはどのメーカーも高いです。そして、替えブラシも普通の歯ブラシより高いので、お金はかかります。

それでも歯の健康維持には力を入れているので、クラプロックスの電動歯ブラシに大満足しています。トラベルケースもついているのでどこへも気軽に持っていけるのも嬉しいです。

少しお金がかかっても、歯のケアをしっかりしたい人(特に歯と歯茎の間の歯垢をきちんと除去したい人)にとっては、かなりおすすめです!

>>ブラックisホワイト電動歯ブラシ

コメント