クラプロックスは歯肉ケアにおすすめの歯ブラシです

クロプロックス 歯ブラシ 歯磨き・歯周病ケア

クラプロックス(CURAPROX)』という歯茎ケアに抜群の歯ブラシを見つけていまいました。これまでは歯医者でおすすめされた『デントマキシマ』という歯ブラシを愛用していましたが、デントマキシマ以上に歯肉ケアの効果は高いのではないかと感じています。私はすっかり気に入ってしまったので、じっくりと紹介します。

クラプロックスとは?

CURAPROX(クラプロックス) は 1972年にスイスの”隙間ケアのプロ”が生み出し 世界75ヵ国で愛される 機能性歯ブラシです。

スイスは医療保険料が高いため、歯のセルフケアに対する意識がとても高く、 クラプロックス も予防歯科の概念から生まれました。

日本でも予防歯科の考えが普及してきましたが、スイスでも何十年も前から予防歯科の意識が高かったんですね。

クラプロックスの製品は歯科医院専用として販売されていましたが、2018年より一般の人でも購入できるようになりました。

クラプロックス の人気商品はCS5460 と CSスマート

クラプロックスの歯ブラシには、大人用、子供用、幼児用、歯列矯正用などの種類がありますが、大人用の人気商品は「CS5460」と「CSスマート」だそうです。

▼CS5460
毛先は超極細毛。その直径は0.1mm~0.15mm。
毛の植毛本数は普通の歯ブラシの約2-10倍、植立本数が5,460本。
この超極細毛と圧倒的な植毛本数により、歯茎を傷めづらく毛先が歯頚部や列溝、歯間に深く入り込みます。

▼CSスマート
繊維による毛はCS5460より2000本以上も多い7600本という驚異的な数を誇ります。
しかも毛先の直径はわずか0.08mm。CS5460より少しスリムなので、小柄なヘッドがお口のどこへでも届きます。
(出典元:公式サイト)

現在私が使っているのは、「CS5460ウルトラソフト」 のほうです。本記事ではCS5460ウルトラソフトについてレビューしていきます。

とにかく毛がとてもやわらかい

クラプロックスはブラシの”やわらかさ”を追求するために、「Curen( クーレン )繊維」という素材を開発しました。

Curen繊維は驚くほどやわらかいので、歯茎をマッサージすると気持ちよくて、歯周病予防に最高の歯ブラシだと感じます。また、驚くのはやわらかいのにふにゃふにゃではなく、毛にコシがあり、かなりしっかりとした毛です。

歯肉が腫れている人や普通の歯ブラシで磨くと出血してしまうという人はクロプロックスはかなりおすすめです!

圧倒的な毛量!

クラプロックスは通常の5~10倍、5,460本※の毛を使用した歯ブラシです。
※本記事で紹介しているCS5460 ウルトラソフトの場合

クロプロックス 歯ブラシ

磨きやすい45℃デザイン

ブリップ使用時に力を入れなくても汚れが取れるよう、柄が八角形になっています(すべて45℃にカット)。

クロプロックス 歯ブラシ

普通の歯ブラシよりも柄が太くてしっかりしているので、確かに安定して磨きやすいです。

CS5460 ウルトラソフト と デントマキシマの比較

私は歯医者で歯周病になっていると言われて以来、歯医者の指導に従って口腔ケアに真剣に取り組んできました(今現在も進行形)。

私が今まで使用していた歯ブラシは歯医者で購入したライオンの「Dent Maxima (デントマキシマ)」。これを初めて使ったときは、毛先がやわらかくて、しかも歯の奥までしっかりと磨けて、なんてすばらしい歯ブラシなんだろうと感動しました。

しかし、クロプロックスに出会って、デネトマキシマよりもやわらかくて、歯茎のマッサージがしやすい!と感じました。

デントマキシマも普通の歯ブラシに比べると抜群に磨きやすいんですけどね。

クロプロックス 歯ブラシ
クロプロックスとデントマキシマ
クロプロックス 歯ブラシ
クロプロックス(左)とデントマキシマ(右)

クロプロックスとデントマキシマを比べてみると、クロプロックスのほうが毛量が明らかに多いです。おそらく3倍位の毛量があります。

毛量が多いため、力をいれなくてもしっかりと歯磨きができます。特に、歯と歯茎の間にたまる歯垢(プラーク)を掃除するのに適しています。

今までの歯ブラシだと、毛先を歯と歯茎の間に入れ込むように意識して磨く必要がありました(歯医者の指導で磨き方を教わりました)。しかし、クロプロックスだとそこまで意識しないで歯ブラシを当てるだけでもしっかりと、歯垢を除去出来て、歯茎のマッサージ効果もあります。

クロプロックスは歯肉炎予防に効果的だと思います!

3倍長持ちする耐久性

クラプロックスの歯ブラシは3か月も使えるんです。一般的の歯ブラシは1か月使うと毛先が広がってきますが、クロプロックスはポリエステル系ファイバー素材を使用しているので、一般的な歯ブラシ(ナイロン)に比べ弾力に富み、撥水もよくて長持ちします。

クロプロックを使い始めて1か月以上たちますが、全然毛先が広かったりしていません。この調子だと確かに3か月使えそうです。

クラプロックスの歯ブラシは1本900円前後するので、歯ブラシとしては高額ですが、3か月使えることを考えると決して高くありません(1か月300円)。

私がこれまで使っていたデントマキシマは1本400円で、1か月で交換していたので、私の場合は今までより歯ブラシ代が安くなります。

クラプロックスの歯ブラシは複数本まとめ買いすると安くなるセット販売もあるので、まとめ買いしておくとお得に買えます。

例えば、CS5460 ウルトラソフト(2本)+CSスマート(2本) のスターターセットが3,600円、送料無料です。

まとめ、購入方法

クラプロックス はこんな人におすすめ
  • 普通の歯ブラシで磨くと出血する、歯肉炎の人
  • 歯肉炎の予防、進行を食い止めたい方
  • 歯の黄ばみが気になる方
  • お子さんが生まれたご家庭への出産祝いとして

口腔ケアに力を入れている方には特におすすめの歯ブラシです。 日本では以前は歯科医院のみで販売されていましたが、2018年秋よりインターネットなどで気軽に一般人も買えるようになりました。

本記事で紹介したのは、一番人気のCS5460 ウルトラソフトですが、ほかにも、子供用歯ブラシや歯間ブラシ、舌ブラシなどの種類があります。

コメント