水素&マイクロバブルのお風呂で冷え性対策!湯エステをレンタルした感想

湯エステ 入浴グッズ

私は極度の冷え性のため、冷え症改善のため様々な製品を試してきました。それなりに効果を感じる商品もあったのですが、根本的な改善にはなっていませんでした。今回、冷え性改善に効果があると評判の【湯エステ(水素バスSUISO599)】がレンタルを開始したとのことで、さっそくレンタルしてみました。

結論を言うと、すごくよいです。自宅で贅沢なエステ気分を味わえるだけでもお風呂ライフが楽しくなりますが、冷え性を体内から改善したいという人にもおススメです!

湯エステsuiso599bathの特長

湯エステsuiso599bath(当サイトでは「湯エステ」と表現します)は、「水素」と「マイクロバブル」を発生させる装置です(水素は目に見えませんが、マイクロバブルは泡になって白っぽくみえます)。水素とマイクロバブルによって肌本来が持つ能力(肌コンディション)を整える効果が期待できます。

▼このような装置をお風呂に置くだけですぐ使えます。
湯エステ

湯エステから出るマイクロバブルのお湯は、肌や毛穴内部の老廃物を取り除いて、健康的でつややかな美肌に導きます。

湯エステで期待できる効果

  • 体温が上昇し、基礎体温の上昇⇒冷え性対策
  • マイクロバブルが毛穴の中の汚れを掻き出す⇒老廃物の除去
  • シルクのようなやわらかな肌ざわり。自宅のお風呂でエステ気分が味わえる

マイクロバブルとは

マイクロバブルとは、非常に小さな気泡のことで、ISO規格では1~100μm(マイクロメートル)の気泡と定義されています。㎛とはmm(ミリメートル)の1000分の一の大きさなので、ものすごく小さい泡です。

湯エステで作り出すマイクロバブルは、平均約3~5μmほどのごく微細なサイズです。人の毛穴の大きさは20μmなので、湯エステのマイクロバブルは人の毛穴よりも小さく、毛穴の中までマイクロバブルが入っていき、毛穴や皮膚の汚れを取り除きます

また、マイクロバブルが毛穴の中で破裂することにより、新陳代謝の促進などを引き起こします。これにより血行がよくなり、冷え性改善なども期待できます。

マイクロバブル入浴によって上昇した体温は入浴後も持続します
マイクロバブル 体温上昇

水素風呂とは

水素風呂とは水素をお風呂に溶かしたもので、病気や老化の原因である活性酸素を除去することができます。これにより以下の効能が期待できます。

  • ダイエット
  • 冷え性
  • 美容
  • 疲労回復
  • アトピーなど皮膚の悩み

※個人差があるので確実に効果があるものではありません

湯エステは、水素とマイクロバブルによって肌本来が持つチカラ、すなわち自ら美しくなろうとするための『肌コンディション』を整えます

水素風呂 他社製品との比較(性能・コスト)

水素風呂を作る方法としては、

  • 水素入浴剤を使う
  • 水素発生装置を使う

の二つの方法があります。

水素入浴剤

水素入浴剤は粉末状のものをお風呂に入れるだけなので、気軽に始められます。水素入浴剤としては、美容成分と水素が含まれる【水素のめぐり湯】という商品が有名です。

気軽に使える点ではよいのですが、5袋2500円で販売されているので、1回500円のランニングコストがかかります。継続して使用するとそれなりに費用がかかってしまいます。

水素発生装置

一方の水素発生装置は、装置を設置してしまえばライニングコストはほとんどかかりません。装置は購入するとかなり高価ですが、レンタルを利用すると水素入浴剤よりもコストを抑えることができます

知名度の高い水素発生装置を比較した表です。

湯エステ リタライフ マルーン スパーレ
マイクロバブル発生機能 あり なし なし なし
水素発生量(200mlあたり) 187~237ppb 記述なし 101ppb 112ppb
購入価格 918,000円 81,000円 99,900円
レンタル価格 10,800円/月 3,780円/月

特筆すべきは、「マイクロバブルを発生させることができるのは湯エステのみ」だということです。マイクロバブルは毛穴の中の老廃物まで取り除く働きがあるので、水素のみ発生する装置よりは、肌への効果は高いと思われます。

湯エステを選んだ理由!
価格面だけをみると、3,780円/月のリタライフが最も低コストですが、湯エステはマイクロバブルの発生に加えて、水素発生量も他社製品より多いので、私は湯エステを選びました。

湯エステは、購入すると918,000円(税込)もする高額商品ですが、月単位でレンタルができます。解約自由・違約金なしのレンタルで1か月10,800円(税込)です。取付工事不要で届いた日からすぐに使用できて、送料無料です!

冷え性対策に利用する場合は、冬場の寒い季節だけレンタルする…といった使い方もできて経済的ですね。

湯エステレンタルの公式動画です↓

>>湯エステレンタル

実際にレンタルして使用した感想

さっそく私も湯エステのレンタルに申し込んで現在使用中です。写真や動画つきで解説しながらレビューしますので、参考にしてくださいね。

▼これが一式です(大きなダンボールに入って届きます)。
湯エステレンタル一式

本体に電源とホース(2本)をつなぐだけなので、設置方法はとても簡単です。

本体は約8.5キロありますが、小柄な私でも持ち運ぶことができるので、女性ひとりでも問題なく設置できます。

設置方法

・電源コードは4mもあるのでコンセントがお風呂から離れた場所にあっても設置可能です。我が家では脱衣所のコンセントを使っています。

本体と白いコードは水に濡れても大丈夫なので浴室に置くことができます。コードを挟んでお風呂のドアを閉めても大丈夫です。
湯エステ

ホースはINとOUTの2本です。
湯エステホース

INはお風呂のお湯を吸う部分、OUTはマイクロバブルの泡を出す部分です。
湯エステ

ホースにはお風呂で動かないように吸盤がついています。
湯エステ ホース吸盤

これが実際に湯エステを設置した状態です。
湯エステ 設置した状態

この状態で湯船につかって電源をいれるだけで水素とマイクロバブルを浴びることができます。

・電源ボタンで10分モード、15分モードの操作が可能です。

電源を入れて数分たつと、マイクロバブルの泡で真っ白になります。
湯エステ

使ってみての感想

  • 細かい泡が体中を覆う感覚が気持ちよい
  • 通常の入浴より体が温まる
  • お肌がすべすべになる

極度な冷え性な私は冬場はお風呂のオフを42℃に設定していましたが、湯エステを使うとポカポカになるので40℃でも全然大丈夫です。調子に乗って38℃に設定したらさすがに低すぎました(笑)。

デメリットとしては、装置がやや大きいことです。慣れるまでは少し邪魔に感じましたが、すぐに慣れました。お風呂の端に置いて使えば身体や頭を洗うときも支障はありません。

▼動画にしてみました

掃除・メンテナンス方法

終了後は自動で器内の水を排出する(オートクリーン機能)ので日常的に清掃をする必要はありません。お手入れ不要で衛生的というのは大きなポイントです!

ただし、1か月に1回を目安に定期洗浄が必要です。専用洗浄液があります。

▼公式動画でわかりやすく洗浄方法が解説されています

注意点

レンタル契約時に湯エストが送られてくる際の送料は無料ですが、解約時に返却するときの送料は自己負担です。送料は発送地域によって異なりますが、1,000円~2,000円です。

>>湯エステレンタル

コメント